えばのブログ

20代既卒就活生が日々感じたことや考えたことについて発信します!

MENU

最近よく聞かれることについていくつか答えていこうと思います

こんばんは、えばです。

この記事をお読みいただきありがとうございます。

 

最近コメント欄やDMなどにて、色々な質問をされるようになりました。

頂いたコメントなどにその都度返すのも大変ではありますので、今回はこの記事に詰め込んでいこうと思います。

ぜひ今回のこと以外に気になったこと等ございましたら、コメント欄やDMにいただけたらと思います。

 

最近よくいただく質問への回答

実際は就活をしていないんじゃないか?

まず第一に、僕の既卒就活の現状についてのお話です。

最近あまり就活系の記事を更新していませんし、僕の就活の状況もお話してきませんでした。

それもあってか、コメントやDMで現状を聞かれることが増えています。

本当は就活をしていないんじゃないですか?

ブログよりもまずは就活をするべきなんじゃないですか?

など、たくさんの質問を頂きました。

 

僕の就活の現状は、

就活は進めているが、まだ結果が出ていない

という状況です。

 

新卒での就活に失敗後に鬱状態に陥った僕は、一度死すら考えました。

周りとただ比べては劣等感に苛まれ、毎日のように自分を責め続け…。

そのような状態が長く続いていました。

今は何とかして就活に再度向き合っていますが、就活に向き合おうとすると手が震えます。

汗もたくさん出ますし、動悸もします。

ただ今後の僕のことを考えると、今僕が最優先でやるべきことは就活です

就職してから将来について考える。

これが僕が今辿るべき道だと僕は考えています。

そのため、何とか無理して就活と向き合っています。

 

ただ、僕はこのことをほとんどブログでは話してきませんでした。

僕は自分が頑張っているということを表に出すのが苦手です。

努力は見えない所でしたほうがいいと思っているからです。

この世は結果がとても大事で、努力は結果が出てこそ評価されるものだと思います。

結果が出ていない人間が努力をアピールしていいものなのか

そう思い続けていたので公にしてきませんでした。

今回はあまりにもコメントやDMで「就活をしろ」とくるのでお話しました。

 

前回の記事では、

「そんなことよりまず就活しろよ」

というコメントは避けてほしいと書いたにもかかわらず、就活をしろと言うコメントがつきました。

(少し不快に感じたのでコメントは削除いたしました)

僕が現在必死に就活をしているということ。

鬱状態と向き合い、無理をしてでも就活をしているという現状。

これを理解していただき、今後はできればそういったコメントを控えてもらえたら嬉しく思います

 

そんなにブログが大事なのか?

次にこの質問です。

この質問はおそらく、僕が就活もせずにブログをしていると感じた方によってついたコメントだと思います。

確かに、

  • 就活からただ逃げてブログに力を注いでいる
  • 対して稼げてもいないだろうに…

といった印象から、

そんなにこの人はブログが大事なんだろうか

と感じることもあるでしょう。

 

結論から話しますと、僕にとってこのブログはとても大事です

このブログを始めたから関わることのできた人がいます。

このブログを始めたからこそ、何かを発信するという経験もできています。

ブログを始めたことで得ることのできた知識もあります。

少しでもお金を頂けたという感動もあります。

これらのことはすべてブログを始めたからこその体験です

そのため、その経験をさせてくれたこのブログはとても大事です。

できる限り今後も続けていきたいと思っています。

 

たいして経験もしていないのに偉そうにするの何様のつもり?

このコメントが来たときは正直驚きました。

僕に対しても、僕と関わっていただいた方に対してもこういった発言をされていました。

対して社会に出た経験もないのに社会に対して物申すのは何様なのか?

就活がうまくいってない人間が就活のことを偉そうに話すな

など、こういう旨の意見を少し頂きました。

 

これに対し僕としては、

自分のブログなんだから何を書いてもいいんじゃないか

と思います。

これは僕のブログで、僕が書きたいと思うことを書いています

ブログとはそういうものだと僕は考えています。

もちろん、誹謗中傷などを書いているのであれば批判されるべきでしょう。

でも自分の意見を書いているだけなら、批判されるべきではないと思います。

少しだけ口を悪く言うのであれば、

「むしろ何様のつもりでそういったコメントをされているのか」

が気になるところです。

記事に対する意見、反論、感想などを持ってもらえるのは僕としては嬉しいです。

記事の感想などをコメントでもらえると嬉しい気持ちになります。

ただブロガーの記事に対して

「君は何様のつもりなのか?」

とコメントするのは違うと思います。

 

ブログはおおむね自由なものだと思います。

ある特定の人を攻撃したり誹謗中傷したりするものでなければ、基本はどんな記事を書いてもいいのではないでしょうか?

どうしても気に入らないという方及び記事があるのであれば、それを読まないようにするという選択もできます

ぜひご自身で、

「今しようとしてるコメントは相手にとって極めて失礼なものではないか」

ということを一度考えてみてほしいと思います。

 

まとめ

今回は、僕が最近よく聞かれる質問について答えていきました。

いかがでしたでしょうか。

ブロガーはブログに書いてあることが全てではありません。

僕だけに関わらず、誰もが見えない所で努力し苦労を重ねています

ブログにしてもYouTubeにしても、嫌なら見ないという選択ができるはずです。

もし僕の記事及び僕の発言で傷ついた等ございましたら、ぜひ積極的に僕を避けるようにしてもらえると助かります。

僕はこれからも僕なりの意見や考え、体験談を発信していくつもりです。

記事への意見や反論等は記事のコメント欄に、僕への意見に関しましてはDMに頂けると嬉しいです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

またほかの記事もお読みいただけたら幸いです!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

www.ebablog.jp

www.ebablog.jp

www.ebablog.jp