えばのブログ

20代既卒就活生が就活や日々の日常について発信します!

MENU

【実体験】僕が高校時代までずっと困っていた髪色についての校則

こんにちは!えばと申します!

この記事をご覧いただきありがとうございます!

 

この記事は主に、

  • 学生
  • 困った校則があった人
  • 学校関係者

などにぜひお読みいただきたいです。

もし共感するところがございましたら、コメント等で伝えていただけると嬉しいです!

 

僕は学生時代、困る校則がいくつかありました。

僕が通っていた高校は駅から20分から25分ほど歩くのですが、

電車通学者は最寄り駅から自転車で登校するのは禁止

というルールがあり、毎日歩き疲れていました。

このルールのせいで、僕の思い描いていた、

「彼女と自転車に二人乗りして、青春!って感じの登下校とかしたいなあ」

という夢はあっけなく崩れ落ちました。笑

f:id:rky-0619:20211127233450j:plain

僕の夢がぁぁぁあああ!!

「いや、別に駅から自転車で通学してもいいじゃん!」

とほとんどの人が言っていたので、将来的にこの校則が見直され、後輩たちが楽できるようになったらいいなと思います。

 

とまあこの話は一旦置いといて。(笑)

僕が学生時代ずっと困り続けた校則があります。

それは「髪の毛を染めてはいけない」という校則です。

f:id:rky-0619:20211127233858j:plain

皆様もこの校則を聞いたことがあると思います。

 

普通に生活していたらこの校則に引っ掛かる人は少ないと思います。

言ってしまえば、髪の毛を染めなければいいだけですし。

ではなぜ僕がこの校則にずっと困らされていたか。

それは、僕の地毛が茶色だからです。

 

僕は目も髪も茶色で、肌も白く、全体的に色素が薄いです。

そのため、毎回頭髪検査では注意されてきました。

「髪の毛を染めるな」

と何度も言われてきました。

 

そもそもこの校則は、もともとの髪の色から変えなければ注意されることはありません。

多くの学生は黒髪だと思うので、黒から他の色に変えなければ何も言われません。

ただ、地毛が茶色い人は、染めてなくても染めてると思われてしまいます。

その結果、何度も頭髪検査に引っ掛かるというわけです。

 

頭髪検査をされるたび引っ掛かっていた僕は、何度も先生に髪を染めてないことを伝えてきました。

その返答は決まって

「地毛だというなら、地毛証明書を提出しろ」

というものでした。

 

ところで、皆様は地毛証明書というものをご存じでしょうか?

地毛証明書とは簡単に言うと、地毛が黒髪でないということを申告する証明書です。

去年か今年あたりにニュースにもなったみたいなので、聞いたことのある方はいらっしゃるかもしれません。

 

僕は毎回、昔の写真と証明書を提出し、地毛を証明する必要がありました。

最初のほうは、

「まあ今後も引っかかると面倒だからいいか」

と思い提出しましたが、段々と面倒になってきます。

「なんで先生たちはその証明書を共有してくれないんだろう?」

と疑問を持つようになりました。

 

毎回頭髪検査に引っ掛かるのも面倒でしたが、その都度地毛証明書を出せと言われるのも面倒でした。

そのため、証明書を出せと言われるたび、

「前何回か出しているので、そちらで確認してもらってもいいですか?」

と、少しイライラしながら言っていました。

 

最初のほうは少し反抗的だと思われた気がしますが、最終的にはちゃんと納得してくれるようになりました。

ただそれでも変わらず毎回頭髪検査には引っ掛かりました。

 

地毛証明書が必要かどうかは僕にはあまり分かりません。

ただ、一度出したらちゃんと先生方で共有してほしいなと強く思いました。

最近はどんどん地毛証明書を出させる学校が減ってきているみたいです。

僕の母校はどうかはわかりませんが、後輩たちが少しでも楽な思いをできてたらいいなと思います。

 

今回はここまでです。

皆様は学生時代、こんな校則あって大変だったなあという思い出はありますか?

ぜひコメント欄等で教えてくれると嬉しいなと思います!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

またほかの記事もお読みいただけると幸いです!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 20代の生き方へ
にほんブログ村

 

www.ebablog.jp

 

www.ebablog.jp

 

www.ebablog.jp

 

www.ebablog.jp