【考察】マイケル・ジョーダンっていったい何がすごかったのか?

こんにちは、えばです。

この記事をお読みいただきありがとうございます。

 

あなたはNBAをご存じですか?

 

現在八村塁選手や渡邊雄太選手が在籍している、アメリカのプロバスケットボールリーグです。

NBAは2022年時点で76年の歴史があり、バスケのプロリーグの最高峰に位置しています。

 

そんなNBA史において、歴代最高の選手(G.O.A.T)と言われている選手こそ、

マイケル・ジョーダンです。

(※G.O.A.T=Greatest of All Time の略)

 

マイケル・ジョーダンという名前を聞いたことのある方は多いでしょう。

では、どういうところがすごかったからG.O.A.Tなのでしょうか?

 

今回の記事では、ジョーダンの基本的な情報を説明したうえで

「ジョーダンはいったい何がすごかったのか?」

について書いていきます。

この記事を通して、ジョーダンやNBAにより興味を持ってもらえたら嬉しいです。

 

マイケルジョーダンはなぜG.O.A.Tなのか

ジョーダンの基本的な情報

まずはジョーダンの基本的なところから説明していきます。

 

マイケル・ジョーダンは1984年のドラフト全体3位でシカゴ・ブルズから指名され、NBA入りをしました。

主なポジションはSG(シューティングガード)でした。

 

彼は1984-85シーズンから92-93シーズンまでブルズで活躍したのち、1度目の引退。

自身と父親の夢でもあったメジャーリーグに挑戦することを発表しました。

この時のブルズは、90-91シーズンから92-93シーズンまで3連覇を達成

その直後の出来事だったので、世間を大いに驚かせました。

 

その後、1995年にNBA復帰を発表しブルズに再入団。

94-95シーズンはラスト17試合のみの出場で平均26,9得点。

いい成績を残すものの、ブランクは多少感じさせるシーズンになりました。

 

ただ95-96シーズンには調子を完全に取り戻し、そこから97-98シーズンまで2度目の3連覇を達成します。

97-98シーズン終了後、当時のヘッドコーチのフィル・ジャクソンが契約終了により退団。

チームメイトのスコッティ・ピッペンやデニス・ロッドマンも退団し、ジョーダンは2度目の引退を発表しました。

 

2度目の引退後、ジョーダンはワシントン・ウィザーズのバスケットボール運営部長の社長に就任。

01年のドラフトでは、高卒新人のクワミ・ブラウンを全体1位で指名。

高卒新人選手がドラフト1位になったNBA史上初めての出来事でした。

 

その後ジョーダンは01-02シーズンにウィザーズにて現役復帰。

彼はこの時点で38歳なのに加え3年のブランクを経ていたこともあり、運動能力の衰えは顕著でした。

随所で勝負強さは見せたものの、チームをプレーオフに導くことはできず。

02-03シーズン終了後に本当の引退を発表しました。

 

6度の優勝に6度のファイナルMVP、5度のシーズンMVP、オールスター14回、オールスターMVP3回など輝かしいキャリアを送ったジョーダン。

引退後彼はNBA史上最高の選手(G.O.A.T)だと称されるようになりました。

 

現在は現役選手のレブロン・ジェームズとどちらがG.O.A.Tなのかについて、多くの議論がなされています。

 

ジョーダンはどういうところがすごかったのか

ここまではジョーダンの基本的な情報を書いていきました。

 

ここからは今回の記事の本題である、

「ジョーダンはいったいどこがすごかったのか」

について触れていきます。

 

ぜひ最後までお付き合いいただけたらと思います!

 

①得点力

まず何といってもすごかったのが得点能力です。

 

ジョーダンはNBAで15シーズンプレーし、通算32292点という成績を残しました。

これは2022年現在、NBA歴代5位の記録になっています。

 

「なんだ、5位か」

「それなら上位4人のほうがすごいんじゃないか」

と思う方もいるかもしれません。

ここで注目すべき点は、ジョーダンの通算出場試合数と平均得点です。

 

彼は15シーズンで計1072試合に出場しました。

これは上位5名の中で1番少なく、次に少ないコービー・ブライアント(同4位)より約270試合も少ないのです。

それもありジョーダンは通算得点数では5位ながら、1試合の平均得点では30,12点で歴代1位になっています。

 

また、ジョーダンはNBAで10度得点王に輝きました

これはNBA史上1位の記録であり、同2位のウィルト・チェンバレンより3度も多い成績です。

 

そもそもNBA史において、得点王を3度以上受賞した選手はジョーダン含め9人しかいません。

通算得点でジョーダンより上に位置している4選手はここには含まれていません。

それほど得点王を複数回、さらに3回以上受賞することは難しいことなのです。

 

そんな中ジョーダンは10度も受賞。

歴代No.1の得点力だったと言っても過言ではありません。

 

86-87シーズンに平均37,1点で得点王に輝いてから、7シーズン連続で得点王を受賞。

1度目の引退があったのでここで一旦記録が途切れますが、引退がなければさらに記録を伸ばしたことでしょう。

 

ウィザーズ復帰後の2003年、対ネッツ戦ではNBA史上唯一である40歳40得点以上を記録。

最後まで得点力の凄さをいかんなく発揮しました。

 

彼は現在のNBAとは違い、あまり3ポイントを打たない選手でした。

ただミドルシュートやレイアップ、ダンクなどで得点を量産。

空中戦で特に強さを発揮し、”Air"というトレードマークができるほどでした。

"Air Jordan"といえばたくさんの方が聞いたことはあるのではないでしょうか?

 


www.youtube.com

 

②DF力

次に彼を語るうえで外せないのがDF力です。

ジョーダンと言えばOFに注目されがちですが、彼はDF面でもリーグトップクラスの選手でした。

 

彼はオールディフェンシブ・ファーストチームに9度選出、88年には最優秀守備選手賞(DPOY)を受賞しました。

(※DPOY=Defensive Player of the Year)

このシーズンには得点王も受賞し、得点王とDPOYを同時受賞した史上唯一の選手になりました。

またこのシーズン、ジョーダンはスティール王も獲得。(平均3,2スティール)

得点王・シーズンMVP・DPOY・スティール王を同時受賞した史上唯一の選手になっています。

 

対人DFもスティールも得意としていたジョーダン。

OFもDFもNBA史においてトップクラスだった彼は、G.O.A.Tと呼ばれるにふさわしい選手です。

 

NBAのレジェンドであり、リーグのロゴにもなっているジェリー・ウエストは

「ジョーダンのDFはOF以上に強烈だった」

とまで彼のDF力を評価しています。

 


www.youtube.com

 

③勝負強さ(クラッチ力)

次にあげたいところは勝負強さです。

 

ジョーダンはレギュラーシーズンでも圧倒的な数字を残していますが、プレーオフではさらに素晴らしい勝負強さを誇りました。

特にクラッチタイム(試合終盤)での勝負強さは圧巻でした。

 

有名なのは1998年のプレーオフ、対ジャズ第6戦でのラストショットです。

 


www.youtube.com

この試合で解説をしていたアイザイア・トーマスは、

「第4Qのマイケルは殺し屋だ」

とまで評しました。

 

現在のNBAにもクラッチタイムで圧倒的な攻撃を見せる選手はいます。

ただ、ジョーダンほどクラッチタイムに強かった選手はいないと思っています。

大舞台での勝負強さもあり、ジョーダンはファイナルに進出した6度すべてで優勝。

さたに6度すべてでファイナルMVPを獲得するなど、チームを2度の3連覇に導きました。

 

④数多の受賞歴と永久欠番

最後に、ジョーダンはNBAで数多くの賞を受賞してきました。

 

ジョーダンはNBAで、

  • 優勝:6回
  • ファイナルMVP:6回
  • シーズンMVP:5回
  • オールスター選出:14回
  • オールスターMVP:3回
  • 最優秀守備選手賞:1回
  • オールNBAチーム:11回
  • オールディフェンシブ・ファーストチーム:9回
  • 新人王(1985)
  • 得点王:10回
  • スティール王:3回
  • スラムダンクコンテスト優勝:2回

など、多くの賞を受賞。

 

先述したように1988年には

「得点王、シーズンMVP、最優秀守備選手賞」

を同時受賞した史上唯一の選手になっています。

現在もこの記録を保持しているのはジョーダンのみです。

また、

新人王、最優秀守備選手賞、シーズンMVP、オールスターMVP、ファイナルMVP

の5つすべてを獲得した史上唯一の選手です。

 

優勝回数も史上5位の通算6回。

ファイナルでは6勝0敗など圧巻な数字を残しました。

 

彼がシカゴ・ブルズで着用した背番号23は、当然ブルズの永久欠番になっています。

ただこの背番号23は、彼が一度も所属したことの無いマイアミ・ヒートでも永久欠番になっています。

一度も所属したことの無いチームで永久欠番になることは普通考えられません。

 

ジョーダン以外で所属したことの無いチームで永久欠番にされている選手は、ビル・ラッセルの背番号6のみです。

(ラッセルは2022年7月31日に他界、彼の功績をたたえ8月11日にNBA全30チームで6番を永久欠番に)

ただ引退後すぐに、所属したことの無いチームで永久欠番になったのはジョーダンのみです。

恐らく今後もこういった選手は出てこないことでしょう。

 

多くの賞を獲得し、所属チーム以外でも永久欠番化されたジョーダン。

彼は紛れもなくNBA史上最高の選手だったと言えるでしょう。

 

まとめ

今回は

「マイケル・ジョーダンはいったい何がすごかったのか」

について書いていきました。

いかがでしたでしょうか?

 

よくアメリカでは、

「レブロンとジョーダン、どちらが本当のG.O.A.Tか」

という論争が行われています。

 

レブロンは本当に素晴らしい選手で、彼が現在まで残してきた功績はたくさんあります。

2010年代のNBAは、レブロンを止められたらヒーローになるくらい、レブロンの影響力は計り知れませんでした。

SFというポジションであそこまで器用に何でもこなせた選手はいません。

間違いなく史上最高のSFであるとは言えます。

 

それでも僕は、ジョーダンがG.O.A.Tだと思っています。

何度も言うようですが、レブロンは本当に素晴らしい選手です。

ただまだジョーダンのほうが上だろうと個人的には思っています。

 

レブロンはまだ現役の選手で、現在はNBA通算最多得点者に向け頑張っています。

レブロンが通算得点で1位になった時、またこの論争の熱は上がることでしょう。

その時にはレブロンが並んでいる、もしくはレブロンこそG.O.A.Tだとなっているかもしれません。

その時を楽しみにしたいと思います。

 

今回は以上です。

この記事の感想や書いてほしいこと等ございましたら、TwitterのDMかお問い合わせフォームにて頂けたらと思います!

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

またほかの記事もお読みいただけたら幸いです!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

www.ebablog.jp

www.ebablog.jp

www.ebablog.jp